理念と方針

院長あいさつ

協立総合病院 院長  堀井 清一

 みなと医療生活協同組合は伊勢湾台風の被害を受けた住民が中心となって1960年に382世帯から始まり、1977年に熱田区六番町に協立病院を設立しました。その後1987年に協立総合病院と名称を変え、2001年に熱田区五番町の現住所で新しい病院として生まれ変わりました。現在5万7千人の組合員に支えられています。

 以下に「協立総合病院の理念と基本方針」を示します。
この理念と基本方針のもとに、ともに情熱をもって旺盛な医療を展開しましょう。

医療福祉生協のいのちの章典と協立総合病院の理念

 私たちは「医療福祉生協のいのちの章典」にもとづき、誠意を持って医療を行うとともに、日本の医療、福祉及び文化の向上と世界の平和に寄与するように努めます。

  1. 患者を中心とする安心・安全の医療をめざします。
  2. 情報の開示と共有にもとづいた医療をめざします。
  3. 教育研修活動を推し進め、医療の水準の向上に努めます。
  4. 患者に優しい医療環境と地球環境への配慮に努めます。
  5. 安心に暮らせる街づくり、医療・福祉・介護のネットワークづくりにつとめます。

 医療福祉生協のいのちの章典は1991年におまかせ、お仕着せの医療を反省し、患者の参加と協同によって医療を行ってゆく姿勢を示したものです。協立総合病院の理念は2001年にその後の活動をもとに定められました。

協立総合病院の医療の特徴

 まず第一に組合員によって築いてきた病院ですので,地域での組合員のネットワーク、多くのボランティア活動に支えられていることが特徴です。第二に1994年からカルテ開示に取り組んできたことです。電子カルテが導入された現在も電子カルテの印刷によって配布型のカルテ開示を行い退院の際には持ち帰っていただくことを続けています。これは個人情報の自己コントロール権の確立、インフォームドコンセントの推進、医療への患者参加の促進を目標に行ってきたものです。第三に緩和ケア病棟を名古屋市内で始めに開設した病院として、全人的なケアに力を入れています。体の問題とつながりを持った心のケアや家族、社会とのかかわりを考えられる医療をすすめていきたいと考えています。

協立総合病院の課題と方向性

 21世紀に入って、医療費の削減政策の続くなかで、限られた資源で病院を運営してゆくことはどこの医療機関にとっても厳しいことになっていると思います。

 一方で、今日の医療機関には、医学的な進歩をきちっと学ぶだけでは不十分な点が出てきました。私はそのほかに3つの点で改善をしてゆくことが必要だと考えています。それは安全と患者の権利とあたたかい医療というテーマです。安全・安心の組織作りという点では他産業に学ばねばなりませんし、患者の人権を守ると言う点では情報公開を始めとしていのちの権利章典をさらに具体的に実践する必要があり、療養環境や治療関係においては、もっと心に寄り添えるあたたかい医 療が求められていると考えています。

 わたしたちの病院には、救急医療を的確に行うといった地域での社会的存在意義や多くの組合員さんからの期待があると考えています。困難な時代ではありますが、期待にこたえるべく職員一同、団結して進んでゆきたいと思っています。