泌尿器科

 泌尿器科は、尿路(腎臓、尿管、膀胱)と、男性生殖器の疾患を扱います。 健康診断で尿の異常を指摘された/血尿が出る/排尿痛がある/尿が出にくい/尿が近い/尿もれがある/男性生殖器に異常がある/結婚したが子供に恵まれない/性生活がうまくいかない/性病にかかったかもしれない/等々でお困りの方は当科の受診をお勧めします。

2012年7月29日付読売新聞に泌尿器科日比医師の手術件数が掲載(拡大)

診療体制

 協立総合病院は、名古屋市熱田区で唯一の泌尿器科専門医が常勤する総合病院です。常勤医師2名、非常勤医師2名が日本泌尿器科学会の専門医です。さらに、愛知医科大学との連携の下、最新の医療を提供すべく努力しています。

泌尿器科の取り組み

 現在の高齢化社会により,泌尿器科の重要性が増しています。我々はそれに伴った排尿障害などの一般泌尿器疾患をはじめ,各種泌尿器癌や結石治療に対して力を入れて取り組んでいます。排尿障害を訴える疾患として高齢化を反映して前立腺肥大症があげられますが、膀胱の収縮力低下による神経因性膀胱も多く、薬剤治療に加えて自己導尿などの対応も必要です。前立腺肥大症の場合薬剤治療で効果が不十分な場合、内視鏡による前立腺切除術(4日前後の入院)も選択します。

 また前立腺がんの発見にも努めており、平成22年度から平成24年度の3年間に前立腺針生検を施行した379例のうち、184例、48.5%に悪性のがんが発見されました。治療は薬剤を中心とした保存的治療が主であり、限局がんには前立腺全摘除術あるいは放射線照射(他院に紹介)を行っています。

主な対象疾患

泌尿器科対象臓器の周囲解剖図
  • 排尿障害(過活動膀胱,夜間頻尿,神経因性膀胱,排尿困難,排尿時痛,尿失禁,夜尿症など)
  • 尿異常(血尿,尿混濁など),精液異常(血精液症など)
  • 腎疾患(腎腫瘍,腎結石,腎のう胞,腎盂腎炎,水腎症,腎後性腎不全,腎外傷など)
  • 尿管疾患(腎盂・尿管腫瘍,尿管結石,尿管狭窄など)
  • 膀胱疾患(膀胱腫瘍,膀胱結石,間質性膀胱炎,膀胱炎など)
  • 前立腺疾患(前立腺肥大症,前立腺癌,前立腺炎)
  • 精巣疾患(精巣腫瘍,精巣捻転,精巣炎,精巣上体炎,精索静脈瘤,陰嚢外傷など)
  • 性感染症(淋菌・クラミジア尿道炎など)
  • 外陰部疾患(包茎,陰茎・尿道口異常,外傷など)
  • 男性不妊症
  • 勃起障害・持続勃起症など

診療・治療実績

診療実績(2018年度)

  • 外来患者数(1日平均) 53.0人

治療実績(手術)

  2013 2014 2015 2016 2017 2018
TUR-Bt(経尿道的膀胱腫瘍切除術) 37 38 55 34 34 39
TUR-P(経尿道的前立腺切除術) 12 4 6 7 7 10
TUL(経尿道的結石破砕術) 17 10 12 14 20 28
PNL(経皮的腎砕石術) 2 0 0 0 0 0
根治的腎摘除術 1 0 1 7 0 1
腎尿管摘除術/膀胱部分切除術 3 2 2 1 1 1
膀胱全摘除術/尿路変向術 0 0 0 0 0 0
前立腺全摘除術 1 2 0 0 0 0
精索静脈瘤根治術(顕微鏡下リンパ管温存) 10 8 12 16 15 20
顕微鏡下精路再建術 1 10 10 5 4 5
MESA/TESE(顕微鏡下精巣上体/精巣精子採取術) 33 21 34 25 29 29
ESWL 18 12 30 32 18 14
その他 20 13 13 14 18 7
154 119 175 155 146 154

医師紹介

副院長  日比 初紀(ひび・はつき)昭和59年卒
男性不妊の診断と治療、マイクロサージェリー、男性性機能障害、男性更年期障害
日本泌尿器科学会専門医及び指導医
日本生殖医療指導医
●日本泌尿器科学会(評議員)
●日本生殖医学会
●日本アンドロロジー学会
●日本性機能学会
部長  大堀 賢(おおほり・ただし)平成7年卒
泌尿器科疾患全般
日本泌尿器科学会専門医及び指導医
●日本泌尿器科学会(評議員)
 

協立総合病院泌尿器科業績集(2014〜2018年)

1.学会発表

1)国内学会

*日本泌尿器科学会総会

第102回 神戸、2014年4月24日

第2子不妊症例の検討

第103回 金沢、2015年4月20日

当院におけるY染色体微小欠失の検討

第104回 仙台 2016年4月25日

当院での過去5年間の顕微鏡下精路再建術の検討

第105回 鹿児島 2017年4月21日

第二子不妊症例の検討-第二報-

第106回 京都 2018年4月21日

当院におけるY染色体微小欠失症例5年間の検討

 

*日本泌尿器科学会西部総会

第68回 下関 2016年11月24日

無精子症及びCryptozoospermiaに対するY染色体微小欠失の検討

第69回 大分 2017年11月10日

術後ホルモン補充により造精機能を維持しているLeydig細胞腫の1例

第70回 長崎 2018年11月3日

下腹部精巣転位に合併した非閉塞性無精子症の一例

 

*日本生殖医学会

第59回 東京 2014年12月4日

第2子不妊に対する治療法の検討

第61回 横浜 2016年11月3日

MESAは正常受精率・妊娠率とも優れている

第62回 横浜 2016年11月16日

当院における顕微鏡下精路再建術の成績

第63回 Web開催(旭川;震災のため中止) 2018年9月6日

片側精管欠損に対して、病側精管を用いた交叉性精巣上体精管吻合を行った無精子症の一例

 

*中部日本生殖医学会学術集会

第38回 津 2016年6月18日

当院におけるY染色体微小欠失の検討

第39回 名古屋 2017年6月24日

第二子希望の男性不妊症例は増加している

第40回 名古屋 2018年6月9日

2回目のTESE術後にLOH症状を呈し、ホルモン補充を行っている非閉塞性無精子症の一例

 

*日本受精着床学会

第32回 東京 2014年7月31日

当院のDI(Donor insemination)紹介の現状

第33回 東京 2015年11月26日

当院不妊外来を受診したがん経験者の検討

第34回 軽井沢 2016年9月15日

がんsurvivorの無精子症に対する精子採取術の検討

第36回 千葉 2018年7月26日

無精子症を呈した精巣小腫瘍の3例

 

*日本アンドロロジー学会

第33回 軽井沢  2014年6月12日

乏精子症に対するhCG療法の成績

第34回 福岡  2015年6月12日

乏精子症に対するhCG療法の成績

第37回 神戸  2018年6月12日

他院で精巣腫瘍を疑われ、腫瘍を否定できず高位精巣摘除を行った非閉塞性無精子症の一例

 

*日本性機能学会学術総会

第25回 仙台 2014年9月4日

当院不妊外来における射精障害

第26回 博多 2015年9月18日

当院不妊外来における挙児希望の勃起障害症例の検討

 

*日本性科学学会学術総会

第36回 長野 2016年9月18日

シンポジウム 男性不妊症

 

*日本癌治療学会学術集会

第54回 横浜 2016年10月22日

ミニシンポジウム 当院不妊外来を受診したがん経験者の不妊治療の成績

第55回 横浜 2017年10月20日

当院における抗癌剤治療歴のあるがん経験者に対する男性不妊治療

第56回 横浜 2018年10月18日

Male infertility treatment for cancer survivors: Do anticancer agents affect infertility treatment?

 

*関東アンドロロジーカンファレンス

第22回 東京 2016年9月10日

術後ホルモン補充療法を行なっているLeydig細胞腫の一例

第24回 東京 2017年9月9日

両側下腹部精巣転位に合併した非閉塞性無精子症の一例

2)国際学会

*欧州ヒト生殖医学会議(ESHRE)

2017 Geneva 2017年7月2日〜5日

Superior clinical pregnancy rates after MESA.

 

*IFFS

IFFS/JSRM International Meeting 2015 2015年4月26日〜29日

Surgical aspiration of sperms from men with spinal cord injury induced anejaculation.

 

*The Congress of the Asia Pacific Initiative on Reproduction

ASPIRE 2014 Brisbane 2014年4月4日〜6日

MESA; Dose it continue to impact ICSI results?

ASPIRE 2016 Jakarta 2016年4月7日〜10日

Surgical retrieval surgery: microscopic epididymal sperm aspiration (MESA) is a beneficial procedure and should be employed prior to testicular sperm extraction (TESE).

ASPIRE 2017 Kuala Lumpur 2017年3月30日〜4月2日

Male infertility treatment for cancer survivors.

2.学術講演

熱田区病診連携の会 学術講演 名古屋 2015年2月14日

高齢者の泌尿器科診療の実際-前立腺肥大と過活動膀胱-

東海ART研究会 2015年3月15日 名鉄ニューグランドホテル

シンポジウム 難治性男性不妊症の治療-TESEなど精子性状を考える-

第8回東海SD研究会 名古屋 2015年5月14日

シンポジウム 泌尿器科医が知っておくべき男性不妊症

3.著書

 

雑誌:

1. Hibi H, Yamashita K, Sumitomo M, and Asada Y. Leydig cell tumor of the testis, presenting with azoospermia. Reprod Med Biol 16: 392-395, 2017.

2. Hibi H, Sumitomo M, Fukunaga N, Sonohara M, and Asada Y. Superior clinical pregnancy rates after microsurgical epididymal sperm aspiration. Reprod Med Biol 17: 59-63, 2018

3. 片側精管欠損症に対し、病側精管を用いた交叉性精巣上体精管吻合を行った無精子症の一例 日本受精着床学会誌(投稿中)