臨床指標・診療実績

前立腺針生検陽性率

施行人数 陽性件数 陽性率
H23年度 132 61 46.2%
H24年度 105 50 47.6%
H25年度 86 36 41.9%
H26年度 76 36 47.3%
H27年度 81 39 48.1%

前立腺針生検の施行人数と、陽性(悪性)件数と割合

【前立腺針生検】
肛門から超音波を挿入し、前立腺に針を刺して組織採取する検査、前立腺癌の診断目的で施行します。


前立腺針生検患者、PSA検査数値との関係

PSA数値
0~4未満(正常値)
PSA数値
4~10未満(グレーゾーン)
針生検件数 陽性件数 陽性率 針生検件数 陽性件数 陽性率
H23年度 8 1 12.5% 85 33 38.8%
H24年度 22 8 36.4% 60 30 50.0%
H25年度 3 0 0.0% 49 13 26.5%
H26年度 6 3 50.0% 52 23 44.2%
H27年度 5 1 20.0% 56 26 46.4%
PSA数値
10~20未満
PSA数値
20以上
針生検件数 陽性件数 陽性率 針生検件数 陽性件数 陽性率
H23年度 19 9 47.4% 20 18 90.0%
H24年度 12 3 25.0% 11 9 81.8%
H25年度 22 13 59.1% 12 10 83.3%
H26年度 12 6 50.0% 6 4 66.7%
H27年度 8 4 50.0% 12 8 66.7%

【PSA検査】
前立腺癌のスクリーニング検査として用います。また、治療効果判定・経過観察にも用います。前立腺肥大症でも上昇することがありますが、高値になるほど前立腺癌の確率が高くなります。

PSA数値が4~10未満のグレーゾーンでも針生検陽性率が比較的高いので、早めの受診をおすすめします。


心臓カテーテル診療実績

2010年 2011年 2012年 2013年 2014年
心臓カテーテル(総件数) 300 337 335 270 296
そのうちのPCI件数 96 93 96 89 83

胃腸センター診療実績

2011年度 2012年度 2013年度 2014年度
胃内視鏡検査(経口) 2967 2751 2676 2611
胃内視鏡検査(経鼻) 1385 1498 1798 1869
緊急内視鏡的止血術 44 64 31 21
内視鏡的粘膜下層
剥離術(ESD)
21 30 23 22
内視鏡的粘膜下層
剥離術のうち食道
0 0 0 2
内視鏡的食道
静脈瘤結紮術
38 31 22 18
内視鏡的胃瘻造設術 46 26 18 17
2011年度 2012年度 2013年度 2014年度
大腸内視鏡検査 2675 2592 2553 2680
治療件数 1005 940 940 1050
大腸ESD 4 11 9